STARX

DIALOG

新卒入社座談会

新卒入社座談会

大きな期待が人を成長させ、
強い主体性がチャンスを引き寄せる

入社から短期間で難しい課題を次々と任され、職種や役割を超えた活躍によって大きく成長した新卒入社メンバー3人が、その軌跡を振り返り、スタークスの成長環境を語る。

PROFILE

DISCUSSION

向き合う課題の難しさが
自分自身を成長させ続ける

國崎私たちは新卒でベンチャーという選択肢を自ら選んだ以上、皆少なからず
「誰よりも成長したい」という想いを持ってスタークスに入ってきていると思います。
そのためには何があっても本気でやり切るという覚悟もあったと思いますが、
振り返ってみてどうですか?
渡邉もちろん入社前から簡単なことではないと覚悟はしていました。
ただ、実際に仕事をし始めてみると想像以上の難題ばかりでしたね。
新卒で入社した当時、担当していたプロダクトは関東担当チームと関東以外の全国担当チームに
分かれていたのですが、1年目でいきなり全国チームの責任者を任されたんです。
スタークスには「10Times(10倍の未来)」というVALUEがありますが、
まさに大きな未来を実現するために、
「できない理由ではなく、できる方法を考える」ことが求められました。
高橋確かにリーダーになった当初は本当に大変そうでしたよね。でも、徐々に
「渡邉さんのチーム」になっていって、最終的には雰囲気もすごく良くなり、
ポジティブなチームができあがっていたと思う。
渡邉それだけ自分に大きな期待をかけてもらっているというのはうれしい反面、
実際にやり抜くのは本当に苦しかった。でもやっぱり難しい課題に向き合えば、
その分成長できるということもやってみたからこそ実感しています。
國崎新しいこと、難しいことに取り組み続けられるっていうのは、成長し続ける一番の糧になりますよね。
自分への期待と責任の大きさが成長に繋がる瞬間は
スタークスで働くメンバーを見ていて常に感じますし、
これからも期待や責任に全力で応えられる強さを持ったメンバーと共に成長していきたいです。
渡邉一度困難を乗り越えたことで
「本気でやれば、新しいことも難しいこともできる」という自信もついたと思いますし、
あの大きな困難を乗り越えられたから今があると思っています。
現在は、これまでは取締役の大塚が担当していた領域を引き継いでマーケティング担当になり、
改めて難しい課題に向き合っているところです。

職種や経験を超えて、
本質的なゴールを追求し続ける

高橋任される仕事の難しさもですが、
目標を達成し、スタークスのミッションを成し遂げるためには、
時には職種さえも超えた挑戦が求められるのがスタークスの面白いところだと思っています。
渡邉確かに高橋さんは未経験のエンジニアからスタートして、
その後、開発ディレクターに転じ、
普通の社会人であれば何年もかかるような仕事をしてきていますよね。
高橋入社から2週間は研修がありましたが、いきなり未経験からエンジニアになる事が決まり、
しかも1カ月後には主力サービスの本番リリースを乗り越えなければならない、という
重大な局面に立たされました。
渡邉大手企業の新卒エンジニアであれば半年間は研修するところだけど、スタークスの場合は、
まずは本気で目の前の課題に向き合い、失敗があってもいいから、
全力で乗り越えていくチャンスがある。
しかも、高橋さんはエンジニアの経験を経て、その後、社内にはまだ存在しなかった
開発ディレクターというビジネス職の仕事を確立していきましたよね。
國崎高橋さんも今では、普通の社会人であれば4年目、5年目の人がしているような仕事を
入社から1年足らずで担っています。
スタークスは「ミッションを実現する」「お客様に本当に良いものを届ける」といった
本質的なゴールのために、職種とか経験年数の制約を超えて
挑戦していける環境があるのがすごいと思っています。
高橋そうですね。本来、エンジニアも開発ディレクターも全員が
同じゴールに向かって仕事をしているはず。
それに、私はエンジニアを経験したことで、「エンジニアのメンバーはどう思うか」ということを
考えながらディレクションできる強みを得ました。
職種を超えた仕事をしていくことで、
物事を多角的に捉え、今までにない正解を導きだせるようにもなる。
國崎それはすごく分かります。
私も入社以来、営業の仕事をする中で分かった難しさやお客様の課題感を知っているからこそ、
今、お客様に対するサービス提供を担うチームのマネジャーをやっていてもプロダクト全体、
会社全体に対する視野を持って仕事ができるようになったと思います。

ミッションを実現するために、
一人ひとりが強くなる

國崎「マーケット・イノベーションで社会課題を解決し、世界に新しい可能性を拡げる」という
ミッションを実現するために、スタークスは今、大きく飛躍しようとしています。
創業以来の主軸だった既存プロダクトの規模を超えるまでに新規事業が成長し、
これからもどんどん新たなプロダクトを創っていくことになる。
高橋まさに物流だけでなく、Eコマース全体のプラットフォームメーカーへと進化しているところですね。
ディレクターの私がどうチームメンバーに働きかけるかで未来のプロダクトが変化していく、
そんな重大な仕事を任せてもらえていることが嬉しいですし、
プライドをもって企画やR&Dに取り組んでいきたいです。
國崎私は、プロダクトやサービスをより強いものにしていくためにも、
メンバー全員の挑戦を支え、社内の誰もがチャンスを掴める土壌づくりをしていこうと思っています。
渡邉「誰もが挑戦できる」土壌の前提として、一人ひとりが強い主体性を持って、
全力で仕事に向き合っていかなければならない。その重要性に気づかされたのは、
スタークスのVALUEでもある「Ownership(全員経営者)」でした。
自分自身がオーナーシップを持てたからこそ、身の丈に合わない大きな挑戦の機会を得て、
成長できたのだと思っています。
國崎逆にいえば、オーナーシップがなければチャンスが目の前にあっても掴めないし、
やり抜けずに終わってしまうと思う。よくワーク・ライフバランスと言われますが、
これからはワーク・ライフじゃなくて「ライフ・ワーク」の時代が来る。
仕事と生活を区別せずに、自分の人生をかけて本当にやりたいこと、やるべきことを、
長い人生の中で追求していく時代になると思っています。
そして、スタークスにはオーナーシップを持てる人にとって、
「ライフ・ワーク」を追求できる環境がある。ぜひその想いをぶつけに来てください。