BLOG

20161121105832

2016.11.21

バリューのスピーチ「顧客の選択肢を増やし、気づかせる」16/11/21(Mon)

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。 先日からバリューに関することをピックアップしてスピーチすることになりました。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す       今週は、「顧客のリーダーであれ」について Yさんからお話をいただきました。   ------------------------------------ バリュー2:顧客のリーダーであれ  私たちは、顧客のリーダーを目指します。  顧客にビジョンを示し、プロフェッショナルとして  誠実に接することで顧客を成功に導きます。 ------------------------------------       先日、新たな気付きがありました。     「顧客に対してリーダーシップを発揮し、顧客を成功に導くこと」     それはいくつかの選択肢から スタークスやスタークスの提供しているサービスを選んでもらい、 その決断に責任を持つ(=その決断を自分ごととして考える)ことだ という風に定義づけていました。       私は採用をしている立場なので、 転職や、新卒時の就職のタイミングに立ち会い、 人生における大きな決断のお手伝いをさせてもらっています。     営業の立場の人であれば、お客様がそれに当たると思います。     スタークスを選んでもらい責任を持つ、ということはもちろん大事なのですが、 これには1つ盲点があり、 顧客(求職者)の選択肢に、すでにスタークスが入っていることが前提になっています。       逆に、選択肢にスタークスが入っていない場合(その方が大多数だと思いますが) もしかしたら顧客や求職者自身が、 自分で気づけていない未来があるということです。     それを気づかせることは、 より大きなリーダーシップを発揮できるのでは、ということに気づきました。     というのも、今までは「スタークスにマッチする人物」出会うために 顕在層へのアプローチの方法ばかり考えていたのですが、 まだそれに気づいていない、潜在層へのアプローチが抜けていた ということに気づく機会があったからです。     企業にとってのサービス導入も、個人における転職も、 売上げや人生を左右する大きな決断です。       より豊かになれる選択をするために、 顧客(求職者)に新たな可能性を気づかせる、ということを新たに意識し、 リーダーシップを発揮していきたいと思います。

MEMBER | バリュー

20160313161558

2016.11.17

バリューのスピーチ「仲間の範囲」16/11/7(Mon)

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。 先日からバリューに関することをピックアップしてスピーチすることになりました。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。 ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す       今週は、「仲間と事を成す」について Tさんからお話をいただきました。   ------------------------------------ バリュー6:仲間と事を成す  私たちは、チームが生み出す大きな力を信じています。  一人ひとりの力を単純に足し合わせた力ではなく、  お互いの得意分野を活かす事で掛け合わされた力を生み出します。 ------------------------------------   先日あるパートナー様から案件を頂いたのですが、 ご支援するのに相当厳しい案件でした。     通常であればあまり積極的には追わないのですが、 どうしても支援を行いたいということで パートナー様と一緒にクライアント様にご提案に行きました。 結果的に導入して頂きましたが、正直大変でした。   恐らく自社だけでは失注になっていたと思います。       ただ、自社含め3社で協力してクライアント様に提案し、 それぞれ各分野の役割をプロとしてきっちり仕事をし、   かつクライアント様にしっかりと納得して頂いた結果、 導入に繋がったのだと思います。     仲間というのはもちろん自社のメンバーも指しますが、   クライアント様に一緒にご提案していく   パートナー様も仲間だと思います。       各社連携して協力していくことにより、 通常ご支援が難しいクライアント様にも 貢献できることを実感した良い経験でした。   Tさん、ありがとうございました!

MEMBER | バリュー

20161024184500

2016.10.24

バリューのスピーチ「信頼される人とは」 16/10/24(Mon)

先日、スタークスのビジョン、理念、バリュー(行動指針)の共有がありました。 今回発表があったバリューは6つ。     ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す     スタークスが大事にしていきたい考え方なので、 今後、スタークスのメンバーが行動するにあたって軸となっていきます。   今後、月曜日のスピーチに関しては、バリューに関して各自ひとつピックアップし、 実体験や感じることをもとに、メンバー持ち回りで話をしてもらうことにしました。   記念すべき第1回は10月に入社したばかりのKさんです!     ------------------------------------ バリュー1:信頼を中心に  私たちは、信頼を中心に考え行動します。  短期的なメリットより、信頼から得られる長期的な資産を優先します。  信頼を得るために人格と能力を高め続けます。 ------------------------------------     スタークスに入社するにあたって、私は1つの目標を掲げました。   それは   「3年後までに、 Kさんのおかげで売り上げが伸びた!とお客様から言われるような人間になること」   です。   この目標のためには、 業界の知識、販売促進の知識、商品に対する理解力、お客様の意向を聴きとれる力などなど… 様々なものが必要になってきます。   しかし私はまず、「お客様から信用されて、相談したくなる人になろう」と決めました。   なぜなら、どんな知識や経験を持っていても、 信頼されて、相談したいと思える人間でなければ、 その知識や経験に基づくアドバイスを聞き入れてもらうことはできないばかりか、 お客様の悩みや不安に寄り添うことさえできないと考えたからです。     では一体、「お客様から信用されて、相談したくなる人」とはどんな人なのだろうか。 そもそも、自分はどんな人なら信用して、相談したくなるんだろうか。   そんなことを考え続けて、ようやく答えは見つかりました。   それは、「ちいさな約束を守る人」でした。   私が安心して、信用して、相談したくなる人たちは皆、こういう人たちです。   会話の中で生まれたちいさな依頼、要望など 彼ら彼女らはいつも覚えていてくれて、 さりげなく実現してくれたり、ちょこちょこと進捗を教えてくれたりします。     それってとっても嬉しいし、 なんだか自分を大切にされているようにも感じます。     これが何度も何度も繰り返されていくことで、 私はその人を信用するようになるんだなあと考えたとき、 「私もお客様にとってそういう人間でありたいな」と感じました。       わたしが所属するRCS※は、毎日多くのお客様とお話をします。 そうすると自分でも気づかないうちに、ちいさな約束をたくさんしています。   ※RCS=リピロジカスタマーサクセス   それらを、きちんと覚えておく、実行する。 つまりは、お客様との約束をきちんと果たす。     そうすることで、 私個人に対する信頼、 私が所属するRCSへの信頼、 そして、スタークスへの信頼を蓄積していくことにつながり、 「Kさんのおかげで売り上げが伸びた!とお客様から言われるような人間になること」 という目標に少しでも近づけるのではないかと思います。     Kさん、ありがとうございました!

MEMBER | バリュー

20161020103335

2016.10.20

2016年10月17日 社員スピーチ -覚悟-

スピーカーは9月入社のAさんです。 社員のスピーチを紹介します。   《覚悟》   スタークスが正式に理念発表し、改めてメンバーの中でも大きな覚悟が生まれたと思った。   自分の恩師である、あるコンサルティングの女性がいる   いくつになっても美しく そして人間性に惹かれる   どうしてそんなに美しく、常に前向きでいられるのか?   恩師「自分に降りかかってくる問題や至難はみんなと一緒。 ただ私は、誰よりも覚悟を決める努力をしている。」 例えば、同じ営業マンでも・・・、 契約率50%を目指す営業マンと クライアント様からの支持率100%目指す営業マンと 成績結果は同じくらいかもしれないけど、   その工程が違う。   問題の向き合い方が違う。   学び方が違う。   そして覚悟が違う。 例えば、同じ主婦でも・・・、   家庭に入りたくて出産の道を選ぶ主婦と 子供を育てながらも、社会に貢献したいとう主婦とでは 結果は、子育てに変わりはないが、   母親の覚悟次第で子供の人生は変わる。   問題が起きたときの向き合い方が違う。   涙の数が違う。   涙の種類が違う。   大きな壁や問題点と向き合う時に、スキルやメンタルが問われるかもしれない。   その壁と向き合えない時、それはメンタルが弱いのではなく、 覚悟が弱かったのかと思った。 だからこそ、今回のSXの理念発表はみんなにとっても大事な覚悟が うまれたのではないかと思った。   Aさん、素敵なスピーチをありがとうございます!!

MEMBER | バリュー

20160830094618

2016.08.30

「入社して4ヶ月目、最近気づいてきたこと」

16新卒のWくんから、今のリアルな気持ちを教えてもらいました。 ===   新卒として今年からスタークスに入社した私ですが、 入社前に社員の方々から頂いた言葉が現実になっていることに 驚いています。   例えば、「仕事が楽しい」とか。   入社してから4ヶ月どういう事があって、 今自分がどういう気持で仕事と向き合っているのかを この文章で説明できればと思います。   その前に、自分がスタークスに入社しようとした経緯、 自分の背景みたいなものを簡単に説明します。   自分は出身は千葉県です。東京の夜間の大学に1年間通っていたのですが、 そこで出会った個性的な人たちに刺激を受け、 仮面浪人をして山梨大学に再受験しなんとか合格しました。     山梨はおもった以上に田舎でした。 田舎故に感じたものは人と人とのつながりです。 駅から自分の家に行くまでに3人ぐらい知り合いにあうようなそんな場所。 街がとても身近でした。   山梨という環境から、人と人とのつながりの心地よさや、暖かさに触れてきました。 そんな人と人とのつながりの心地よさや、暖かさを大事にしていきたいと思いました。   そんな思いが背景にあったため スタークスの取り組みや向かう方向性が非常に魅力的に思えました。 社員の方々と 面談や面接、1dayインターンの中でお話しするなかで 「今の仕事は本当に楽しい」という声や、「スタークスに出会えてよかった」 「スタークスを選んでくれるなんて、センスがいい」とまで言う先輩もいらっしゃいました。   どれも文字に起こせば勧誘文句でしかありませんが、 みなさんはとてもこれら勧誘文句をサラッと自然におっしゃっていました。   そんな姿に後押しされて入社の決意を固めたわけですが、 正直なところ半信半疑な部分ももちろん有りました(皆さんすいません…)。 もっと言うとつい最近まで思ってるところも有りました。(本当に皆さんすいません…)   しかし今の自分は昨年出会った先輩方のように、 これから出会う新卒の方に対して同じような言葉をかけると思います。 理由はシンプルで、スタークスのサービスに全員が自信を持っていること。 人を思ってサービスを行っていることです。 それを4ヶ月肌で感じ続けてきました。   最初は、スタークスの皆さんの優秀さに圧倒され、 私には出来ないかもしれない、みなさんだから仕事をこなせるし、 自信をもって働けてる部分もあるのではないかと思っていました。 日々の業務をこなすので精一杯ななかで、ただ漠然と 不安が募る日々も有りました。(特に5月~6月上旬)   正直なところ私自身明るく前向きでガツガツ仕事をするようなタイプでは無いので 仕事をバリバリこなす先輩方がまぶし過ぎて、そんな環境も不安感をあおりました。   ただ4ヶ月目にして日々前向きに取り組めているのは 確実にスタークスの皆さんのお陰だと思っています。   社員全員が前向きに会社の将来を考えてる事、楽しみにしていること、 それに向けて行動していること そんな姿が不安な僕の背中を押してくれたと思います。   そんな素敵な方々と日々同じ方向をむいて仕事に取り組めていることが幸せです。

MEMBER | 価値観

2016.02.08

4期下期キックオフ

先週金曜日は、内定式を兼ねた4期下期キックオフ会でした。 最初に各部長による4期下期の戦略発表と決意表明でした。 非常にワクワクする内容で、半年後が楽しみです。   o0480048013561448045 o0480048013561448057 その後は内定式です。 4月入社の内定者の2名↓   o0480064013561448027   入社おめでとう。 そして、入社を決意してくれて本当にありがとう。入社して良かったと思える未来を絶対に創ろう! 内定式の後は、表彰•昇格者の発表でした。 o0480064013561451038 MVP受賞、そしてマネージャーへ昇格したT おめでとう!これからも頼りにしています。   o0480034413561448061   メンバーからリーダーへ昇格したYさん おめでとう!今後の更なる成長に期待しています。   o0480036013561448037 新人賞を受賞したI君 「新人賞ではなく、MVPだと思っていました」と 相変わらずのビックマウスでしたが(笑)それはそれで頼もしいです。 ぜひ次は本当にMVPを獲って欲しいです。 表彰•昇格者発表後の歓談タイムで、 今回、表彰•昇格されなかったメンバーが、仲間を賞賛しながらも、悔しい顔をしているのが印象でした。 昔、僕もその経験を何度もした事があるので、その気持ちがよく分かります。 マイナスのエネルギーが強くなった時は、 プラスのエネルギーも強くなっているので、 大切なのは、極性のエネルギーを反転させる事だと思います。 今回悔しい思いをしたメンバーは、 その感情をプラスのエネルギーに反転させ 次は表彰の場に立って欲しいと思います。 最後の集合写真↓   o0480036013561448066   メンバーも10名を超えました。 下期も更に成長を目指して突き進んでいきます。

CEO | 仕事

2016.01.18

内圧の高さ

かなり(?)遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 友人経営者から貰った年賀状に共感する言葉があったので、 一部引用して、思った事を書きたいと思います。   学生が社会人になって減っていくものがある。 それは『内圧の高さ』です。   自分に感じている可能性、情熱、ぶつけようのない感情、 何とも言えない怒りの事です。   多くの人は、社会人になると経験を積んで現実的になっていく一方で 持っていた『内圧の高さ』を無くしてしまう。空気が抜けてしまう。   社会人になると忙しいし、色々なもの優先順位をつけたり トレードオフする必要が出てくる。   だから、色々な事に折り合いつけて現実的になっていく必要もある。 でも、情熱や感情までトレードオフをする必要はない。 『現実的な思考力』と『内圧の高さ』両方を持ち続けて欲しい。 現実的に成長しながらも『内圧の高さ』を持ち続けられるか? 人だけでなく、企業も一緒だと思います。   設立から年数が経つと、人が増えたり、社会的な責任を増えて 現実的になり『内圧の高さ』も無くなっていくと思います。   しかし、ソフトバンク、楽天、Google、Appleのようなベンチャーは、 現実的な大企業になりがらも、 高い内圧の高さ(ベンチャースピリット)を持ち成長し続けています。   当社も、10、30年と経って 大企業となっても『内圧の高さ』を失わずに いつまでも可能性を感じ続けられるような企業でありたいと思います。   皆さん 今年もご支援、ご声援のほど、何卒よろしくお願いします!

CEO | 経営

MORE

TOPに戻る