BLOG

wild-flowers-flowers-plant-macro-40797

2017.05.25

『仲間と事を成す』-バリューのスピーチ

  バリューに関することをピックアップして社員にスピーチをしてもらっています。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。     1. 信頼を中心に   2. 顧客のリーダーであれ   3. リスクではなく期待値   4. 目標は高く   5. 本質を追い求める   6. 仲間と事を成す   今週、バリュー1. 『仲間と事を成す』 について Kさんからお話をいただきました。 **********************************************************   バリュー6は目標ではないので、「できたら良いよね」というものでなく「当然行っていること」です。     そこで、仲間と事をなすことは当然行うべきこと、ということについて改めて認識できたのでそれをシェアしようと思います。       最近自分の過去を振り返ってみて気付いたことがありまして、自分が事を成してきた時は、必ず仲間と成していたという事に気が付きました。       例えば中学・高校で部活に打ち込み見続けることができたのは、四六時中行動を共にしていて、まぁ悩みらしい悩みはなかったですが、野球に限らずあらゆるものをシェアした仲間がいたからでした。     例えば大学院受験の時は、自分と同じように目標を掲げて突き進んでいる「仲間」と出会うことができ、ここで勝負しなければ同じステージにはいられないと感じ、それがモチベーションとなり、自分を日々追い込むことができました。   自分一人よりも、常に誰かと共に、あるいは誰かを感じながら進んでいる方が圧倒的に大きなことができるのだなと、経験からも感じました。 またその中で、   『仲間とは』   ・自分の価値観を共有し、自分を包み隠さず出せる存在である     ・戦いの中で互いを信頼し、ある意味のっぴきならない関係を持っている     ・一番力が湧いてくる「ワクワク」をシェアできる     そういう人たちが、共に事を成せる「仲間」なのではないかと思いました。   仲間というのも、ただ同じ時を過ごせばいいというものでもありません。   成すべきことに向かうように、仲間とも向かい合い、より強いつながりを築き続けて行こうと思います。

MEMBER | 

baseball-player-running-sport-163239

2017.05.19

『信頼を中心に』-バリューのスピーチ

  バリューに関することをピックアップして社員にスピーチをしてもらっています。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す     今週、バリュー1. 『信頼を中心に』 について Oさんからお話をいただきました。       **********************************************************       最近読んだ本で感じた事があったので、共有します。   野村監督の『なぜか結果を出すひとの理由』という本の中で、     田中将大投手について一部記載されていました。     まーくんが投げる試合は、基本負けないとの事。   その為に、すごく運を持っている選手だと騒がれていたらしいのですが、   実際は運ではなく、まーくんの『チームメイトからの絶大な信頼』が勝つ試合に繋がっているとの事。   どういうことかというと、まーくんは、野球選手として高い意識を持っているだけではなく、     「人としてこうありたい」という高い理想を持ち、常にチームメイトへの配慮や気遣いを忘れな   い、かつ、日頃の行いや練習に取り組む姿勢がしっかりしている。   それを見てチームメイトは、まーくんを負けさせるわけにはいけない、   まーくんが頑張っているから自分も頑張ろうと感じ、   その結果、よく打って、よく守れる試合になるらしい。         真のエースというのはいかにチーム内で信頼されているかであり、   まさに田中将大投手は真のエースだと書いてありました。     本当にかっこいいなと感じたのと、自分自身、まーくんみたいな人を目指したいなと感じました。       この本を読んで、自分自身の日頃の行いを再度見つめ直さなきゃいけないなと感じたのと、   信頼される人になることって、本当に周りの人対して、すごく良い影響を与えられる事だと思   うのですが、   プラス、自分が不調のときでも、信頼してくれている周りの人達が援軍となって協力してくれ たり、   助けてくれたりするので、結局自分に対しても必ず良い結果として返ってくるものなんだとい うのを改めて感じました。   そんな人になれるよう、今後も自分の中で信頼という事言葉を意識して、動いていきたいです。  

MEMBER | 

pexels-photo-226718

2017.05.09

『リスクではなく期待値』-バリューのスピーチ

バリューに関することをピックアップして社員にスピーチをしてもらっています。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す 今週、バリュー3. 『リスクではなく期待値』 について Uさんからお話をいただきました。   **********************************************************   私は日々の生活の中での『リスクより期待値』を大学4年生頃から取らなくなりました。 例えば、〇〇を食べにいくなら"ココ"という風に、日々の生活に関わることはほとんど決めています。 別に新しい発見をしなくても、そこに満足している自分がいました。 それはなぜか。。。     今までを変える必要性がなければ、リスクをわざわざ取りたいと思わなくなったからです。     でも、それは間違いでした。   3月初旬、学生時代に作ったお祭りが認められ、高松人間力大賞に推薦されました。 私は、「来月から東京就職のため・・・」という理由で一旦は断りました。 しかし、その電話を切ったあと急に後悔が止まらなくなりました。   自分で作ったお祭りを今後広める絶好のチャンスなのに、たったそれだけのリスクの為に断 ってしまうなんて、いままでの自分の人生では考えられなかったのです。   その後すぐに電話をかけなおして、エントリーしたのですが、自分の一歩を踏み出す勇気 が弱くなっていたと感じる出来事でした。     日々の生活の中で、小さなリスクより期待値を積み重ねていないと、 いざ分岐点となるリスクある期待値を目の前にした時に踏み出せなくなると思いました。     だから、私は常に小さなリスクよりも期待値を積み重ねて行きたい思います。  

MEMBER | 

pexels-photo-147504

2017.04.28

『顧客のリーダーであれ』-バリューのスピーチ

    バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す   今週、バリュー2. 『顧客のリーダーであれ』 について Iさんからお話をいただきました。     **********************************************************   まず、上記のバリューには、以下の2つの言葉があります。   ・ビジョンを示す   ・プロフェッショナルとして誠実に接する       では、「プロフェッショナルになり、ビジョンを示すためにはどうすればいいのか?」   こちらについて感じたことをお話ししたいと思います。   僕が上記の重要性を最も感じたのは、カスタマーサポート領域における事業を始めた時です。 まず、上長から言われたことが「お客さんのところに行き、実際にどのようにカスタマーサポ ートをしているのか見よう」ということと、 「自分たちも実際にカスタマーサポートをやってみよう」の2つでした。   その時は、「他のサービスを研究して自分たちの強みを考えていく方が大事なのでは?」 と思っていたのですが、実際にやってみると僕の中にある変化が生まれました。   それは「自信」が生まれていたことです。 その自信とは、お客様の悩みを知り、 業界の課題を知っている、という自信。     事業を作る上で、確実に知っておきべきなのは お客さんが何に困っているのか?どのような悩みがあるのか? であり、顧客の悩みを知らないと価値あるサービスは作れないなと実感しました。     この時、それらを自分自身が実際に体験して知ることで、 自分の中に「自信」が生まれるということに気づきました。     そして、自信があるからこそ、ビジョンを語れるのだと思います。   つまり、顧客のリーダーになるためには、 まず第一歩目はお客さん側に立って、実際にやってみる、状況を知ることが重要だというこ とです。   そうして初めてお客さんの悩みを知って、それらを解決するサービスを提供して ビジョンを語り、業界をリードしていくことができるのだと考えています。     今、自分たちが取り組んでいるカスタマーサポートの領域はこれから数年でどんどん変化し てく業界です。   あるいは、まだまだ答えが見つかっていない状態でもあります。   なので、自分たちが業界のプロフェッショナルとして、ビジョンを示し、 リードしていく存在になっていきたいと思っています。

MEMBER | 

9JZC5CKLIN

2017.04.19

『リスクではなく期待値』-バリューのスピーチ

バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す 今週、バリュー3. 『リスクではなく期待値』 について Wさんからお話をいただきました。     **********************************************************   今日、私が選んだ6バリューは「リスクよりも期待値」です。 僕自身元々の性格はどちらかと言えばリスクを取らないタイプで 自分ができることの延長で物事を考える癖がありました。 例えば「自分は今、これと、これと、これができるから、これらをうまいことあわせてできる事を しよう」 みたいな。。。     しかし期待値を掴みに行く事は非常に大事だなぁということに今年にはいってから感じまし た。     特に印象的だった事が、『Tさんがいなかった1月』です。 ※Tさんとは私の上司です。 自分の思っている現状から逆算したとき 荷が重いミッションだなと感じる自分が正直なところ、心のどこかにいました。 しかし、目標は非常に定量的で明確にあり、『それを達成するためには』という逆算ができた 事が私にとっても良い体験になりました。       自分自身が思うできることというのは思っている以上に自分でリミッターをかけていたり、 自信の無さから自分自身を過小評価していたりと何処かリスクを取ってしまいがちですが、 期待値に目を向け、明確化させることで初めてリスクではなく期待値へ飛び込む事ができる と思います。       自分自身を振り返ると入社当時はリスクに目が行きがちで、非常にもったいないことをしてき たと反省することがあります。 なのでこれから実務を行う新卒の皆様にはリスクではなく期待値を意識してこれからの課題 に取り組んで頂ければと思います。      

MEMBER | 

pexels-photo-196989

2017.04.14

『リスクではなく期待値』-バリューのスピーチ

    バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。     1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す     今週、バリュー3. 『リスクではなく期待値』 について Yさんからお話をいただきました。     **********************************************************     バリューの体現において、どの目線で思考するかという、いわゆる「視座」が非常に重要だと感じます。     その中で「リスクではなく期待値」のバリューが自分の課題でもあり、 克服することで視座も上がりバリューの体現レベルが上がるのではないかと思い、 最近の具体的な事例をシェアしたいと思います。     結論は、 高い目標を達成するためには、リスクを取る必要があり、 どんなリスクを追うのか判断するためには、高い視座を持つ必要がある、というところに結びつく話です。     具体的に何があったかというと、 先日、1年後に45人になっている、という経営方針を聞いて、 率直に思ったのが、今のままではそんなに採用できない、絶対無理、ということでした。     現状をお伝えすると、     短期的にインパクトのある採用手法(紹介・求人媒体)において、   ・母数がいない   ・数少ないターゲット層に出会えていない   と、ほぼ勝機がない状態       長期的に取り組むことで効果的な採用手法(ダイレクト・リファラル)において   ・リソースが足りない   ・うまくいく確証がない、がやってみないとわからない、けどリソースがないのでやれてない という堂々巡り       達成できない言い訳に聞こえるかもしれませんが、この状態は単なるファクトなので、 「じゃあどうやって成果を出すの?」という思考の場面で、 どの「視座」で考えるかがすごく影響してくるな、と感じます。     ・現状(ファクト)をふまえ、提案するのか(新卒比率増やしましょう、すぐの入社は厳しいので半年後からの想定にしましょう、等)   ・現状をふまえたうえで、出来ることをし、目標達成できずに終わるのか などです。     私の場合は、ちょっと前までバック部門がお金を使うという発想がなかったので 今あるリソースでなんとかしないと、という後者の発想に縛られていました。     すでにこの時点で、   ・現場目線の視座でしかなく   ・何かにお金や時間を使って失敗したらどうしよう、というリスクへの関心が強く、投資によるリターンを考えていない   という風に、視座の低さが見て取れます。     バリューにも「目標は高く」とありますが、 背伸びをしても届かない目標を達成しようとする時点で、リスクを取らない方法なんてなく、 どのリスクを取ってどんな期待値を獲得するのか、という取捨選択をする必要があります。 またそれも、実務担当の目線ではなく、経営陣ならどう思うのかという目線である必要がある、という風に思いました。       ==       あと、小ネタなのですがグロービスに通って感じたひとこと。     大手の出来上がった環境にいる方との接点が多かったので、やはり大手の人は優秀です!   何が優秀かというと思考力が高い、賢いです。   反面、スタートアップというこの環境は、視座を上げるのにもっとも適している環境だと感じます。     経営陣との距離が近い、というのもそうですが 業務の仕切りがいい意味でない、広げようと思えばどれだけでも当事者意識を広げられる、 会社のことを自分ごとのように考え行動することができる、お客さんを通じて社会や市場という部分とも接点がある、活用しない理由がない、と思うほど格好の環境だと思います。     やはり、大手の環境だと自分の業務が線引されているので、 想像する範囲が狭い(経営はおろか、お客さんのことも)んだなというのを話をしながら感じました。     また、リスクテイクや目標を高く、などバリューの項目にあることは、 成果を上げたり、市場価値の高い人が習慣のようにやれていること、だと思います。 それがバリューの項目として含まれており、こんな風に意識して習慣化できるような仕組みを 経営陣3名が創っているという、そのこと自体が恵まれているという風にも感じます。     利用するという言い方は、誤解を招くかもしれませんが、     環境に感謝し、おおいに利用させてもらって、視座を上げてリスクと期待値をもとに、 高い目標を達成していきたいと思います!      

MEMBER | 

pexels-photo-60230

2017.04.07

『目標は高く』-バリューのスピーチ

  バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。     1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す     今週、バリュー4. 『目標は高く』 について Mさんからお話をいただきました。     ********************************************************** 本日は、目標は高くについてアウトプットできればと思います。     それは最近改めて、 『どこに目標を置くか:視座の高さ』 『どのようなスタンスで仕事で取り組むか』が大事だと思ったからです。   少し昔の話をします。 私は大学生の時に東京でルームシェアをしておりました。     その時に一緒に住んでいた人が 本当に仕事が出来る人で現在代表として会社経営をしております。     その人が新卒時代に ・先輩が●●さん ・同期が●●さん ・部下が●●さん     と誰もが知っているそうそうたる メンバーと一緒に働いておりました。   その事業部は優秀な人の集まりでしたが、   特に上記3人は圧倒的にずば抜けており,   何が他の方が違うかというと、       『視座の高さ」と『仕事のスタンス』でした。       その人が常に上長に言われていたのは、『それ宇宙一なの?』『それがベストなの?』     部下だと、常に与えた『目標の1,000%を達成しよう』としていたということ。     自分でも成果がでなかった時は、   どこかで自分で『限界の設定』や妥協をしていたなと思います。     それじゃあダメだなと。       自分の今考えている限界以上の目標を設定し、   それをやりきることが新しい未来を拓いていくと   圧倒的な結果を出す経験が出来ると思います!     なので、視座上げること、そして想像している以上の未来をつくるようやりきっていきます!!!    

MEMBER | 

pexels-photo-206302

2017.04.03

『信頼を中心に』-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。   バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す   今週、バリュー5. 『本質を追い求める』 について Tさんからお話をいただきました。     **********************************************************   どんなに良いサービスを提供していても、 お客様との信頼関係がなければ本当に些細なことで お客様は離れていくことを実感しました。       妻の話です。 よく行くカラー専門のお店があるのですが、 値段も安く、家から近いということで、 かれこれ一年以上利用していました。   ただ利用を継続していたのは好立地で値段も安いからという 理由だけで、スタッフやお店のファンにはなっていないという状態でした。     ある日のことです。 10時から予約していたのに行ってもお店が開いていない。 30分以上待っても開かないということがありました。   次の予定もあったため、泣く泣く妻は帰ってきました。 その後お店から連絡があり、電車が遅れていたため、午前中店番の人が 時間通りに来れなかったので開けることができなかったと謝罪と説明の電話がありました。     妻はその一件からそのカラーリングのお店には行っていません。   お店からしたら毎月来てくれる、 かつ1年以上も利用してくれる優良客だったはずです。   それが、たった一度のミスで離脱してしまうのは 非常にもったいないなと感じます。   もちろんミスの内容にもよりますが、お客様と信頼関係がしっかりと構築出来ていれば、 一年以上通ったお客様が簡単に離れてしまうことはないと思います。       サービス提供者として良いサービスを提供するのは前提にはなりますが、 それ以上に顧客との信頼関係を構築することはビジネスにおいて 非常に大事だと思います。    

MEMBER | 

pexels-photo-104675

2017.03.24

『本質を追い求める』-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。   バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す   今週、バリュー5. 『本質を追い求める』 について Kさんからお話をいただきました。   Kさん多すぎますね!笑   **********************************************************   色々と時間を制限される社会人ですが、なぜやってるのかわからないことはたくさんあると思います。   私自身もそうです。   そのとき、この物事の本質はなんだろうと考え、理解することにより、モチベーションが上がったり、周りの人へ良い影響が与えられたりできると思います。   前職でサッカー部のキャプテンをしていたことがあります。   活動日は忙しい社会人にとって重要な休みである土日です。   人数が揃わないことがあった僕らのチームには半強制的に参加してる人も多々いました。   でも、半強制的に参加してても、なぜ参加してるの?   これって簡単ですよね。   サッカーがしたいから、サッカーで勝ちたいから。   単純な思いですが、これが本質なのかな、と。   これを部員に伝えることにより、モチベーションが上がり、目標達成することができました。   仕事も同じだと思います。   結果を残したい、顧客を満足させたい。   この思いが仕事の本質ですよね。   この思いを持ってるからこそ色々と考え、悩み、葛藤することもあると思いますが、それを超えることにより、より良い仕事ができると思います。   これからも本質を追い求め、顧客が満足できるパフォーマンスをしていきたいです。  

MEMBER | 

pexels-photo-296878

2017.03.17

『仲間と事を成す』-バリューのスピーチ

  毎週月曜日に行われるスピーチ。   バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す   今週、バリュー6. 『仲間と事を成す』 について Kさんからお話をいただきました。   **********************************************************   2週間前、とある記事を読みました。その記事は「グーグルが発見した、社員の生産性を最も高める唯一の方法」というもの。     この記事は、グーグルの労働改革プロジェクトが調べた、「どのような組織状態にある時が最も社員の生産性が高かまるのか?」という視点で、様々なテストを行った結果が書いてある記事になります。 例えば、チームワークの調査では、「食事に行っている回数」や「休日も友達のように遊ぶ関係性の社員の人数」等の指標で、コミュニケーションの量や深さを視点として調べていたり、また別の視点では、チーム内にある暗黙の了解=チームがもつ雰囲気やチームスピリットがどのようなもので、かつどのくらい浸透しているのか、という視点でも調べられていました。     一見どちらも、生産性向上のために、たしかに重要そうな視点には見られますが、今回のテーマでみると、どちらも影響しておらず、食事回数やチームの雰囲気が全く異なるチームでも生産性の高いチームもあれば、低いチームもあったそうです。     では、何が生産性向上のKeyとなっているのか?それにはある1つの【共通点】があったそうです。 それが何かというと【心理的安全性】というもの。 言い換えると「他者への心遣いや同情、あるいは配慮や共感がある状態」という意味になります。この「周囲の人への心配りや共感」がなされていることにより、仕事の時だけ作り出す自分ではなく【本当の自分】でいれるようになり、結果議論が活性化し、生産性が向上していく、という結果でした。。       最近よく思うのは、スタークスのビジョンである「新しい体験を・新しい感動を」のように、「モノより思い出」「モノより経験」と「価値はモノそのものではなく、それに付随した経験からもたらさせる」と提唱している企業が増えてきているということ。     その中でスタークスが圧倒的に社会にインパクトを残すためには、もっと社員一人ひとりの生産性を高める必要性がある。     そのためには「いかにしてTeam SXとしてハイパフォーマンスが発揮できるのか」ということは外せないPOINTになると思っています。     Team SXとしてより力を発揮していくためにも、「本当に言いたいことが言えている環境を創れているか?」「そのための気遣いや共感はできているのか?」と全員が組織に対して疑いを持って、スタークスにいる誰しもが、「本来の自分」でいられる組織を創り上げていきたい、と改めて思った内容でした。    

MEMBER | 

spring-tree-flowers-meadow-60006

2017.03.06

「目標は高く」-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。     1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す       今週、バリュー4. 『目標は高く』 について Kさんからお話をいただきました。     **********************************************************   スタークスに入社して、早5ヶ月が経ちました。 私が5ヶ月前に多くの会社の中から、スタークスを選んだ理由のひとつは、 「一番成長出来そうだから」でした。     ひとつ前の職場に勤めていた頃、 大学の同期と久しぶりに会い、社会人としてかなり差がついてしまっていることに、 焦っていました。 このままじゃ自分のやりたいことを叶えられる自分にはなれない、、、と。     そこで転職先の一番の条件として、 「成長できる環境であること」を上げました。     そして、 今までの差を埋められ、どこよりもまっすぐに成長でき、 仕事をすることで自分がゾクゾクできる、 そう確信できたスタークスへの入社を決めました。     スタークスに入社してからの5ヶ月間は、 想像を超えるほどにワクワクしたり、悔しいと思ったり、 色々な感情や状況を体験しながらあっという間に終わってしまいました。       そんな目まぐるしい環境の中で忘れていることがありました。 それは『自分がスタークスで仕事をすることで、何を得たいのか』ということです。     私は、 『成長できる環境のスタークスに所属さえしていれば、自分は自然と成長する』と思っていたのかもしれません。     でも、それは大きな間違いでした。     もう充分すごい、と思うメンバーであったとしても、 自分たちの目標を達成しようと努力を重ねるのが、スタークスです。     そんなメンバーの努力している姿を目の当たりにしたときに、 自分の愚かさに気づかされました。     目標を正しく立てられること、 その目標への正しい努力の仕方が分かること、 それをやり切ろうと努力を重ねるメンバーであること。     そんな労働環境が、スタークスです。     「目標は高く」というバリューの中に、   -可能性は自分が決めるもの。掲げた目標以上にはなれません。   という文章があります。     自分の可能性を広げたい、そう思ったからスタークスに入社しました。     いままでの私には 自分で自分を成長させたい、という覚悟が足りなかったのだと思います。     あと1か月後に自分はどうなりたいのか。   あと3か月後に自分はどうなりたいのか。   あと1年後に自分はどうなりたいのか。     スタークスの環境を生かして、   自分で自分を成長させられる人間になりたいなと思います。    

MEMBER | 

daisy-heart-daisy-heart-love-159077

2017.03.03

「顧客志向」-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す       今週、バリュー2. 『顧客のリーダーであれ』 について Kさんからお話をいただきました。     *******************************   何年か前に読んだ「リッツ・カールトンで学んだ仕事でいちばん大事なこと」という本に沿って今回はお話して行こうと思います。       世界の中で一流ホテルとされる『リッツ・カールトンホテル』ですが、このホテルが全力で注いでいる「人の心を動かす」というサービス精神にとても感銘を受けました。       細かい内容に関しては、この本を読めばわかることなのですが、リッツ・カールトンには『クレド』と呼ばれる経営指針があります。     これは従業員全員が毎日欠かさず確認する手帳のようなカードのようなもので、お客様へ「常に心温まるサービスを提供」出来るように示されています。 内容は、至ってとてもシンプルですが、サービスをする上では一番重要なことが書かれています。     もし、お客様への対応で困ったことがあれば、皆このクレドを確認し、その中で判断し、行動に移します。 もちろん従業員同士や上司へのホウレンソウは欠かさずするのですが、大抵のことはこのクレドに沿って考えれば、沢山従業員がいる中でも皆同じような対応策になるので、スピーディーに対応することが出来てしまうのです。         スタークスでも、バリューが6つ定めてあります。     ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す     これはスタークスの経営指針になります。   現在では理念(バリュー)ミーティングを定期的に行っていますが、今後も社員一丸となって、この指針を元にに良い仕事をしていけたらと思います。     時代と共に変化していかなければならないので、このバリューも時代と共に少しずつ変化していく可能性があります。   しかし、根源はシンプルなものです。   スタークスならば、揺るがない経営指針を顧客に対しても今後も示していけるのではないかと思います。

MEMBER | 

pexels-photo-201658

2017.02.17

「信頼を中心に 」-バリューのスピーチ

    毎週月曜日に行われるスピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。 1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す     今週は、バリュー2. 『顧客のリーダーであれ』 について Kさんからお話をいただきました。   ************************************   前回に引き続き信頼の話をします。 と思って、前回自分が何書いたか確認したら、びっくりするくらい同じこと言っていて笑いました!   今回は私が信頼をしていた人が、改めて人格・能力に優れていたことを認識したというエピソードをお伝えします。   その方はここ数年、私の髪をカットしてもらっていた美容師さんなのですが、 初めて切ってもらった時に、「いつもよりイケメンになってる!」と思えるセンスを持っている人でした。 最近個人的にお会いする機会があり、色々と話を聞いてみると、かなり実力のある方だということが判明しました。 スタイルは感覚的な要素が強いので、合う合わないの部分は大きいとは思うのですが、 その方が属している会社の社員が数百人いる中で、『指名数が8位』と若手の中ではぶっちぎりのレベルでした。     やはり「これは良い!」と直感が働くには、提供する側の揺るぎない実力あって初めて起こり得るのだなと、何度も何度も感じているこの世の真実に、改めて出くわしました。     また一方で、その方に頼むようになったきっかけとしては、技術と同じくらい人間的に魅力があったことも、今回の発見でした。 初めてカットをしてもらった時も、会話をする中でとても向上心が強く、芯がしっかりとしているという人柄を随所に感じ「普通にいい人!!」という印象があったのですが 今回改めて聞いてみると、私と出会う前の職場では、ひたすら(具体例割愛)努力し 店の誰もが「もう教えることはない」と言われるまで腕を磨き、さらに技術を高めるべく転職したという経緯を持っていました。   すごいですね。       実力は不可欠です。 そして人格の上に作られた実力こそ本物です。   改めて感謝したくなる出会いだったと気付いたところで、次は自分がその出会いを生むべく、心新たに日々に臨みます。       ***********************************

MEMBER | 

pexels-photo-291762 (1)

2017.02.09

「顧客のリーダーであれ」-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す       今週は、バリュー2. 『顧客のリーダーであれ』 について Oさんからお話をいただきました。     *******************************   『顧客のリーダーであれ』・・・これに関しては、カスタマーサクセスと名乗る以上、常に意識すべきバリューだと思っているのですが、改めて感じた事がありましたのでそれを共有致します。     先週とある目的があり、服を探しにショップに出向きました。   その時に接客してくださったショップ店員のお姉さんがおりまして、 すごく知識も豊富で、会話も途切れないし、 スムーズに購入まで流されてました(笑) 結果、目的のものを購入できたのですが、何故かそんなに喜びがなく、 少し疲れた買い物になってしまいました、、、   また別の日に、先輩の門出祝のお花を探しに買い物に行き、 アパレルショップの中にある花屋があったので、そこで注文した花を待つ間、 アパレルを見ていました。 はたまたそのときに対応してくれたショップ店員のお姉さんがおりまして、 その方はすごく知識が豊富という訳でもないですし、 会話が上手な方では無かったのですが、 とても接客が丁寧で、私の話す事や行動を本当に見てくれているなというのを感じ、 その上で提案をくださいました。   結局、自分が最初に全く見向きもしていなかった靴を買ったのですが、 結果、その帰りはすごくウキウキした気持ちで、 本当に嬉しい気分で帰ることが出来たのです!     何を伝えたいかと言いますと・・・ リーダーというのは、知識や能力が無いと引っ張っては行けないですし、 頼れる存在でなければならないと思うのですが、   そもそも、『相手の立場に立って相手の事を理解しようと考えて行動する』   これは誰でも意識してすぐに出来る事ですし、 そこが欠けていたら、顧客のリーダーにはなれないのだと今回改めて感じました。   CSとしてお客さんと接していく中で、 常にこの考えは忘れずに意識して行動していきたいなと思います。

MEMBER | 

pexels-photo-53918

2017.01.30

「本質を追い求める」-バリューのスピーチ

毎週月曜日に行われるスピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す       今週は、バリュー5『本質を追い求める』について Oさんからお話をいただきました。     *******************************     先日、ある100億円規模の会社にお伺いした時の話。 会議室に通していただき、ビックリしたのは 「会議室に椅子が一つもない」こと。     打ち合わせをした役員の方に話を聞くと、 生産性を上げるために、面接や来客・社内会議問わず椅子がないとのこと。     というのも、 「会議はスポーツで言うタイムみたいなもの」ということで、 価値を生む瞬間は、サービスを販売し利用してもらった時なので、 『いかにコート上でプレイを行いその瞬間を作れるか?』が大切だとのこと。     これを聞いた時、スタークスで言うと「本質を追い求める」という バリューを思い浮かべました。     本質を追い求めるというのは、 顧客ニーズであったりコミュニケーションだけにあるわけではなく、 自分が行っている仕事においても追い求めるべきではないか?と。   いかに成果に直結する仕事にフォーカスできているのか? そもそも自分にとって成果を生む仕事とは何なのか? それ以外の反射的な仕事に追われていないか?   と自分自身の見つめ直してみてはどうだろうか。     ちょうど、今目標設定の大詰めだと思います。 目標設定というのは、 『自分の成果を定義し、その成果に対して何をすべきか?』 というのをというのを書くことで整理できる最高の場です。     成果を出すために、 自分の仕事の本質はなんだろうか?と考えてみる良い機会にしてください。    

MEMBER | 

信頼

2017.01.24

「顧客との向き合い方」-バリューのスピーチ

  ★スタークスのバリューシックス   ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す   今週は、「信頼を中心に」について Iさんからお話をいただきました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー バリュー1「信頼を中心に」 私たちは、チームが生み出す大きな力を信じています。 一人ひとりの力を単純に足し合わせた力ではなく、 お互いの得意分野を活かす事で掛け合わされた力を生み出します。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー       【信頼を中心に。】     上記を考えるにあたって 自分にとって一つ天気になった出来事がありました。   というのも1年以上前にたまごリピートの営業担当をしていた際ですが、 お客様からあるクレームをいただいた時です。(営業を始めてまだ3ヶ月の頃でした)   当時担当していたお客様から電話があったので出てみると 「解約を考えている」とのことでした。   なぜそのような状況になっているのか、初めはわからなかったのですが、 具体的に聞いていくと、もっとサポートして欲しく、、今後が不安で、、とのこと。   僕はお客様からの信頼を失っていました。     【振り返って考えてみる】   ・具体的な指示がなく、今後どうしていいかわからない ・データ移行はそこまで難しくはないと思っていたが、予想以上に大変でできる自信がない     今振り返ってみると、   次のアクションを明確に提示したり、 移行する際の作業を具体的に伝えることでイメージとのギャップをなくしたり、 不安な部分はどこがあるか、とお客様に率直に聞くなど、 できることはまだまだあったなあと思います。   そういった一つ一つの配慮が 信頼につながるな、と改めて感じました。   【その後は毎日必死にサポート!】   そこからは、ほぼ毎日のように電話し、 データ移行をサポートし、 約3週間後になんとかお客様の移行・設定が完了しました。   正直、その時は本当に大変でしたが、 1ヶ月後にお客様から 「サポートしてくれて、ありがとう。今後Iさんが提案したいサービスあったらぜひお待ちしています」   と言われ、本当に嬉くなったのを覚えています。 信頼されてるな、と思いました。   始めは自分自分のサポートが至らなく、「不安で解約したい」と言われていましたが、 そこからしっかり向き合い、サポートを続けたことで 僕はお客様からの信頼を取り戻していました。   そして、、 1年半後のちょうど1ヶ月ほど前。 久しぶりにそのお客様から連絡があり、 「Iさんのオススメのコールセンターを教えてもらえませんか?」と相談を受けました。 非常に、嬉しい出来事でした。   【経験から学ぶ】   上記の経験から学んだことは、 お客様と向き合うこと(一つ一つの約束を守ったり、小さな配慮を行うこと)が 信頼に繋がる、ということ。   そして、信頼をされることが大きな喜びに繋がるということ を学びました。   信頼を中心に。   簡単そうに見えて、非常に難しいですが ビジネスにおいても個人としても、 すごく重要なことです。   むしろ信頼があれば、ビジネスもプライベートも 上手くいくことが多いな、とつくづく思います。   ということで、 今日も人から”信頼される行動”を心がけていきたいと思います。    

MEMBER | 

基盤

2017.01.24

「基盤」-バリューのスピーチ

    ★スタークスのバリュー6(シックス) ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す   今週は、「目標は高く」について Aさんからお話をいただきました。     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー バリュー4「目標は高く」   私たちは、目標を高く掲げます。 可能性は自分が決めるもの。掲げた目標以上にはなれません。 目標を高く掲げて行動する事で、自らの可能性を広げる事ができます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 夢は大きく・・・   目標は高く・・・   と誰しもが【上を目指す事の意義】を語ってくれる一方で 足元の基盤の大切さを語ってくれる、ある恩師の考えが 2017年の抱負を考える自分に大きなヒントをくれた。   年数重ねた大きな木も、樹幹がしっかりしていないと 強風で枝葉のバランスが崩れ、同時に木も折れてしまうように・・・   人や組織も基盤や軸がしっかりしていないまま 成長すると、いつかは崩れる。   そこまで行くのは大変なのに、崩れるのは一瞬。     だからこそ、 スタークスが、これから何があっても崩れない軸を 今、理念を通じて組織を築き上げている様に 私も何年何十年先に何があっても色褪せる事のない “スタートライン”をしっかりと引きたい。   上ばかり見て、地を見失わない為に、 2017年は自分自身にとっても基盤を固める大事な年に していきたい。    

MEMBER | 

本質

2017.01.24

「顧客の課題を具現化する」-バリューのスピーチ

  スタークスのバリュー6 ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す     今週は、「本質を追い求める」について Wさんからお話をいただきました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー バリュー5「本質を追い求める」 私たちは、本質を追い求めます。 顧客、ユーザー、パートナー、仲間が言葉にできないニーズに意識を向け、それを 満たすアイディアを考えます。 常識や固定観念を常に疑い、過去の成功体験に促われず本質を追い求めます。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー     6バリューの「本質を追い求める」 についてスピーチをします。   最近たまごリピートの営業をしている中で たまに質問されることが   「アマゾンペイと連携していますか」 「ラインと連携していますか」 ちょうど昨日問い合わせのメールが来ておりました。   本質を追い求める姿勢があるかないかで その人がクライアントに対して出せるメリットて 大きく違うな、、、 と感じています。   具体的に言うと   たまごの営業し始めた僕は たまごの機能を引っ張ってきて言うのが精一杯で おそらく アマゾンペイが、、、 ラインが、、、、   と言う質問をされたとしても できます・できません   しか言えなかったと思いえなかったと思います   「本質を追い求める」には合言葉があると僕は思っていて それは「何でだろ?」と言う疑問です。   話してみなければわからないですが 今回お問い合わせいただいたクライアント様も 「何かしらの理由」があって今回の質問をしてくださったと思います。 その「何かしらの理由」に耳を傾けられるかどうかが 営業にとってすごい大きな境目になると今日この頃感じています。   これは自分ができているからというより出来ていない反省から 感じている部分なんですが   結局質問をくださるクライアントの方、 サービスを検討してくださるクライアントの方 サービスを申し込んでくれるクライアントの方 サービスをやめてしまうクライアントの方   それぞれのクライアントがそれぞれの理由があって それぞれの理由に対してどれだけ真摯に向き合えるかで その営業マンの介在価値が変わってくると感じてます。 先ほどの質問を下さったクライアントに関して言えば 「この人はアマゾンペイとLINEの連携ができるかできないか 知りたいだけだ」   とこっちで決めつけてしまえばそれで終わってしまう話だと思います。 例えば結論が出せずにいるクライアントがいた時に 「結論だすのも大変だよな・・」 で止まってしまうのか、その結論が出せない理由は何なのか 何が不安なのか   そこまで考えられるか、相談に乗れるかで 全然介在の価値が違うと思います。 結局この話で何を伝えたいかというと 目の前の状況で立ち止まるのではなく「何でだろう」 の一言を挟むだけで、思い出せるだけで提供できる価値の可能性は 大きくなると思います。   以上です。    

MEMBER | 

20161215184004

2016.12.15

スタークス社員自己紹介!

またまた新メンバーです! 12月からアシスタント職として、ジョインしてくださったKさんです。 (Kさんが多くなってきました・・)   早速自己紹介を書いてもらったので紹介します!         - 何年目? 2016年12月1日入社なのでまだ1ヶ月も経っていません!笑     - 出身地は? 埼玉県     - こんな学生時代でした   短大でしたので、2年間という短い期間であっという間に就職活動の時期になった ので色々と必死でした。     - 趣味・特技 音楽を聴くこと・ライブやフェスに行くこと・お酒を飲むこと・DJ       - 夢、目標   目標:スタークスで早く一人前になること 夢:マイホームを買うこと     - 最近1ヶ月で最も嬉しかったこと   スタークスに入社できたこと・家の近くで良いスパを見つけられたこと     - スタークスってこんな会社     嬉しい出来事をみんなでシェアできる会社★     - 就活生にひとことメッセージ     目標や夢がなくても何かに一生懸命取り組めば、自ずと道は拓け、目標や夢に繋がる。 焦らずに、自分の道を究めて行って下さいね!       =============================   いつも笑顔で、優しくて、仕事が丁寧で   いつも皆を褒めてくださる私の癒やしです。。。     今後ともよろしくお願いします!!!

MEMBER | 

2016.12.13

2016.12.15

バリューのスピーチ『自分の思い込みが限界を決める』

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。 バリューに関することをピックアップしてスピーチをしてもらっています。 バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。 1. 信頼を中心に 2. 顧客のリーダーであれ 3. リスクではなく期待値 4. 目標は高く 5. 本質を追い求める 6. 仲間と事を成す   今週は、バリュー4『目標は高く』について Mさんからお話をいただきました。   =============   ◆ノミから学ぶ目標と成長の話   いきなりですが、昆虫であるノミってどれくらい飛べると思いますか? なんと2m飛べるのです。   ここで面白い実験があります。 高さ50cmの箱にノミを入れてしばらく時間を置くというものです。 そうすると、箱を取った後でもノミは50cmしか飛べなくなります。   この実験から得られる考察は、『自分の思い込みが限界を決める』ということです。   自分自身を振り返っても、掲げた目標以上に大きくならないと痛感しています。 例えば、高校時代の受験勉強で偏差値55から始まり、最後は70まで伸ばすことに成功しました。   当時Fランクからのスタートでしたが、勉強していくうちに高い目標を掲げ、 無謀といわれる大学を目指しました。   結果合格はできませんでしたが、驚異的に成績が延び、 最後は早稲田推薦くらいまで学力が伸びました。 妥協していたら、無理だったと思います。   これは、現状の延長線上ではなく、『未来からの逆算』という思考であり、目指した大学に合格するためには?・・・という考え方から始まりました。   この考え方で、やるべきことが全て変わりました。   大学で街興しをしていた時もそうです。 アンケートの満足率を50%から95%超えを目指すことで、 今の打ち手が全て変わり、結果達成することができました。   このような経験から『全ての物事は、本気で取り組めば成し遂げられる』と思ってます。 無理だとしたら、時間軸の問題だけだと思います。 1億円稼ぐのも、100年あれば100万円/年になります。   目標を掲げることで、時間軸が縮まります。   自分に限界を決めず、可能性を信じ抜き、高い目標を掲げることが夢に近づく『VISION』を達成する重要な要素だと思います。 最後になりますが、またノミの話に戻ります。 50cmしか飛べなくなったノミを2mを再び飛べるようにするためには、 2m飛んでいる仲間を投入すれば、元のように飛べるようになります。 私達はベンチャーで、志も持ち新しいものを創っていくと決めている仲間です。 みんなで目標を高く掲げ続け、常に未来からの逆算をし、挑戦し続ける集団でありたいと思います。

MEMBER | 

pexels-photo-165805

2016.12.05

バリューのスピーチ『ビジョン達成を仲間・お客様・パートナー様とともに』

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。   先日からバリューに関することをピックアップしてスピーチすることになりました。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。     ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す     今週は、『仲間と事を成す』について Kさんからお話をいただきました。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   バリュー6:仲間と事を成す 私たちは、チームが生み出す大きな力を信じています。 一人ひとりの力を単純に足し合わせた力ではなく、 お互いの得意分野を活かす事で掛け合わされた力を生み出します。   ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー   仲間と事を成すことについて、合宿の2日目で行った釣りを通してお話しします。   釣りって、基本1人で行うものだと思います。     でもスタークスの場所だけ、 誰かの竿がひっかかったら、全員で応援するし、 お互いコツを教え合うし、釣れた時は全員で喜ぶ、 そういう空間になっていたなぁと思います。     そのため、他の島とか見ても、基本はもくもくと個人と向き合っていて、 スタークスの島だけは、異空間になっていたのを私は感じました。     でもそれって本当に素晴らしいことだと思って、 「自分が一番釣ろう」とか「自分だけ釣れればよい」という感覚ではなく 皆で「全員釣ろう」という1つの方向性に向かっているからこそ、 でてきた雰囲気だったな、と感じています。       仕事に置き換えたとしても同じことが言えて、 基本1人で行う事が多いと思います。     営業も基本は数字達成は1人ずつ決まっているし、 マーケでメルマガを書くのも1人だし、 コードを書くのも機能ごとに1人ずつ決まっているし、 基本一人の行動が会社の動きを決めていると思います。 そして、皆やっていることも本当に違います。     ただ、スタークスが掲げる「新しい経験を、新しい感動を」 というVISIONに向かっているのは皆一緒なので やっていることが違って、共感をしにくいことも多いけど 皆でそのVISIONを達成させる、と思って、 もっと仲間を応援して、もっと喜びを分かち合って メンバーの仕事は自分の仕事、だと思って、 釣りくらいの感動と苦労をもっと全員で分かち合えるようになっていきたい、と思いました。     そして、最終的には、     スタークスと関わる全てのクライアントやパートナーの方々も 同じ方向を見る仲間だと思って 大きな輪を創り、想像しえない喜びを生んでいきたいと思います。  

MEMBER | 

20161121105832

2016.11.21

バリューのスピーチ「顧客の選択肢を増やし、気づかせる」16/11/21(Mon)

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。 先日からバリューに関することをピックアップしてスピーチすることになりました。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。   ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す       今週は、「顧客のリーダーであれ」について Yさんからお話をいただきました。   ------------------------------------ バリュー2:顧客のリーダーであれ  私たちは、顧客のリーダーを目指します。  顧客にビジョンを示し、プロフェッショナルとして  誠実に接することで顧客を成功に導きます。 ------------------------------------       先日、新たな気付きがありました。     「顧客に対してリーダーシップを発揮し、顧客を成功に導くこと」     それはいくつかの選択肢から スタークスやスタークスの提供しているサービスを選んでもらい、 その決断に責任を持つ(=その決断を自分ごととして考える)ことだ という風に定義づけていました。       私は採用をしている立場なので、 転職や、新卒時の就職のタイミングに立ち会い、 人生における大きな決断のお手伝いをさせてもらっています。     営業の立場の人であれば、お客様がそれに当たると思います。     スタークスを選んでもらい責任を持つ、ということはもちろん大事なのですが、 これには1つ盲点があり、 顧客(求職者)の選択肢に、すでにスタークスが入っていることが前提になっています。       逆に、選択肢にスタークスが入っていない場合(その方が大多数だと思いますが) もしかしたら顧客や求職者自身が、 自分で気づけていない未来があるということです。     それを気づかせることは、 より大きなリーダーシップを発揮できるのでは、ということに気づきました。     というのも、今までは「スタークスにマッチする人物」出会うために 顕在層へのアプローチの方法ばかり考えていたのですが、 まだそれに気づいていない、潜在層へのアプローチが抜けていた ということに気づく機会があったからです。   企業にとってのサービス導入も、個人における転職も、 売上げや人生を左右する大きな決断です。       より豊かになれる選択をするために、 顧客(求職者)に新たな可能性を気づかせる、ということを新たに意識し、 リーダーシップを発揮していきたいと思います。

MEMBER | バリュー

20160313161558

2016.11.17

バリューのスピーチ「仲間の範囲」16/11/7(Mon)

毎週月曜日に行われる社員スピーチ。 先日からバリューに関することをピックアップしてスピーチすることになりました。   バリューとは、スタークスのビジョン、理念にあたるもので、全部で6つあります。 ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す       今週は、「仲間と事を成す」について Tさんからお話をいただきました。   ------------------------------------ バリュー6:仲間と事を成す  私たちは、チームが生み出す大きな力を信じています。  一人ひとりの力を単純に足し合わせた力ではなく、  お互いの得意分野を活かす事で掛け合わされた力を生み出します。 ------------------------------------   先日あるパートナー様から案件を頂いたのですが、 ご支援するのに相当厳しい案件でした。     通常であればあまり積極的には追わないのですが、 どうしても支援を行いたいということで パートナー様と一緒にクライアント様にご提案に行きました。 結果的に導入して頂きましたが、正直大変でした。   恐らく自社だけでは失注になっていたと思います。     ただ、自社含め3社で協力してクライアント様に提案し、 それぞれ各分野の役割をプロとしてきっちり仕事をし、   かつクライアント様にしっかりと納得して頂いた結果、 導入に繋がったのだと思います。     仲間というのはもちろん自社のメンバーも指しますが、   クライアント様に一緒にご提案していく   パートナー様も仲間だと思います。       各社連携して協力していくことにより、 通常ご支援が難しいクライアント様にも 貢献できることを実感した良い経験でした。   Tさん、ありがとうございました!

MEMBER | バリュー

20161024184500

2016.10.24

バリューのスピーチ「信頼される人とは」 16/10/24(Mon)

先日、スタークスのビジョン、理念、バリュー(行動指針)の共有がありました。 今回発表があったバリューは6つ。     ・信頼を中心に ・顧客のリーダーであれ ・リスクではなく期待値 ・目標は高く ・本質を追い求める ・仲間と事を成す     スタークスが大事にしていきたい考え方なので、 今後、スタークスのメンバーが行動するにあたって軸となっていきます。   今後、月曜日のスピーチに関しては、バリューに関して各自ひとつピックアップし、 実体験や感じることをもとに、メンバー持ち回りで話をしてもらうことにしました。   記念すべき第1回は10月に入社したばかりのKさんです!     ------------------------------------ バリュー1:信頼を中心に  私たちは、信頼を中心に考え行動します。  短期的なメリットより、信頼から得られる長期的な資産を優先します。  信頼を得るために人格と能力を高め続けます。 ------------------------------------     スタークスに入社するにあたって、私は1つの目標を掲げました。   それは   「3年後までに、 Kさんのおかげで売り上げが伸びた!とお客様から言われるような人間になること」   です。   この目標のためには、 業界の知識、販売促進の知識、商品に対する理解力、お客様の意向を聴きとれる力などなど… 様々なものが必要になってきます。   しかし私はまず、「お客様から信用されて、相談したくなる人になろう」と決めました。   なぜなら、どんな知識や経験を持っていても、 信頼されて、相談したいと思える人間でなければ、 その知識や経験に基づくアドバイスを聞き入れてもらうことはできないばかりか、 お客様の悩みや不安に寄り添うことさえできないと考えたからです。     では一体、「お客様から信用されて、相談したくなる人」とはどんな人なのだろうか。 そもそも、自分はどんな人なら信用して、相談したくなるんだろうか。   そんなことを考え続けて、ようやく答えは見つかりました。   それは、「ちいさな約束を守る人」でした。   私が安心して、信用して、相談したくなる人たちは皆、こういう人たちです。   会話の中で生まれたちいさな依頼、要望など 彼ら彼女らはいつも覚えていてくれて、 さりげなく実現してくれたり、ちょこちょこと進捗を教えてくれたりします。     それってとっても嬉しいし、 なんだか自分を大切にされているようにも感じます。     これが何度も何度も繰り返されていくことで、 私はその人を信用するようになるんだなあと考えたとき、 「私もお客様にとってそういう人間でありたいな」と感じました。       わたしが所属するRCS※は、毎日多くのお客様とお話をします。 そうすると自分でも気づかないうちに、ちいさな約束をたくさんしています。   ※RCS=リピロジカスタマーサクセス   それらを、きちんと覚えておく、実行する。 つまりは、お客様との約束をきちんと果たす。     そうすることで、 私個人に対する信頼、 私が所属するRCSへの信頼、 そして、スタークスへの信頼を蓄積していくことにつながり、 「Kさんのおかげで売り上げが伸びた!とお客様から言われるような人間になること」 という目標に少しでも近づけるのではないかと思います。     Kさん、ありがとうございました!

MEMBER | バリュー

20161020103335

2016.10.20

2016年10月17日 社員スピーチ -覚悟-

スピーカーは9月入社のAさんです。 社員のスピーチを紹介します。   《覚悟》   スタークスが正式に理念発表し、改めてメンバーの中でも大きな覚悟が生まれたと思った。   自分の恩師である、あるコンサルティングの女性がいる   いくつになっても美しく そして人間性に惹かれる   どうしてそんなに美しく、常に前向きでいられるのか?   恩師「自分に降りかかってくる問題や至難はみんなと一緒。 ただ私は、誰よりも覚悟を決める努力をしている。」 例えば、同じ営業マンでも・・・、 契約率50%を目指す営業マンと クライアント様からの支持率100%目指す営業マンと 成績結果は同じくらいかもしれないけど、   その工程が違う。   問題の向き合い方が違う。   学び方が違う。   そして覚悟が違う。 例えば、同じ主婦でも・・・、   家庭に入りたくて出産の道を選ぶ主婦と 子供を育てながらも、社会に貢献したいとう主婦とでは 結果は、子育てに変わりはないが、   母親の覚悟次第で子供の人生は変わる。   問題が起きたときの向き合い方が違う。   涙の数が違う。   涙の種類が違う。   大きな壁や問題点と向き合う時に、スキルやメンタルが問われるかもしれない。   その壁と向き合えない時、それはメンタルが弱いのではなく、 覚悟が弱かったのかと思った。 だからこそ、今回のSXの理念発表はみんなにとっても大事な覚悟が うまれたのではないかと思った。   Aさん、素敵なスピーチをありがとうございます!!

MEMBER | バリュー

20160830094618

2016.08.30

「入社して4ヶ月目、最近気づいてきたこと」

16新卒のWくんから、今のリアルな気持ちを教えてもらいました。 ===   新卒として今年からスタークスに入社した私ですが、 入社前に社員の方々から頂いた言葉が現実になっていることに 驚いています。   例えば、「仕事が楽しい」とか。   入社してから4ヶ月どういう事があって、 今自分がどういう気持で仕事と向き合っているのかを この文章で説明できればと思います。   その前に、自分がスタークスに入社しようとした経緯、 自分の背景みたいなものを簡単に説明します。   自分は出身は千葉県です。東京の夜間の大学に1年間通っていたのですが、 そこで出会った個性的な人たちに刺激を受け、 仮面浪人をして山梨大学に再受験しなんとか合格しました。     山梨はおもった以上に田舎でした。 田舎故に感じたものは人と人とのつながりです。 駅から自分の家に行くまでに3人ぐらい知り合いにあうようなそんな場所。 街がとても身近でした。   山梨という環境から、人と人とのつながりの心地よさや、暖かさに触れてきました。 そんな人と人とのつながりの心地よさや、暖かさを大事にしていきたいと思いました。   そんな思いが背景にあったため スタークスの取り組みや向かう方向性が非常に魅力的に思えました。 社員の方々と 面談や面接、1dayインターンの中でお話しするなかで 「今の仕事は本当に楽しい」という声や、「スタークスに出会えてよかった」 「スタークスを選んでくれるなんて、センスがいい」とまで言う先輩もいらっしゃいました。   どれも文字に起こせば勧誘文句でしかありませんが、 みなさんはとてもこれら勧誘文句をサラッと自然におっしゃっていました。   そんな姿に後押しされて入社の決意を固めたわけですが、 正直なところ半信半疑な部分ももちろん有りました(皆さんすいません…)。 もっと言うとつい最近まで思ってるところも有りました。(本当に皆さんすいません…)   しかし今の自分は昨年出会った先輩方のように、 これから出会う新卒の方に対して同じような言葉をかけると思います。 理由はシンプルで、スタークスのサービスに全員が自信を持っていること。 人を思ってサービスを行っていることです。 それを4ヶ月肌で感じ続けてきました。   最初は、スタークスの皆さんの優秀さに圧倒され、 私には出来ないかもしれない、みなさんだから仕事をこなせるし、 自信をもって働けてる部分もあるのではないかと思っていました。 日々の業務をこなすので精一杯ななかで、ただ漠然と 不安が募る日々も有りました。(特に5月~6月上旬)   正直なところ私自身明るく前向きでガツガツ仕事をするようなタイプでは無いので 仕事をバリバリこなす先輩方がまぶし過ぎて、そんな環境も不安感をあおりました。   ただ4ヶ月目にして日々前向きに取り組めているのは 確実にスタークスの皆さんのお陰だと思っています。   社員全員が前向きに会社の将来を考えてる事、楽しみにしていること、 それに向けて行動していること そんな姿が不安な僕の背中を押してくれたと思います。   そんな素敵な方々と日々同じ方向をむいて仕事に取り組めていることが幸せです。

MEMBER | 価値観

pexels-photo-217893

2016.08.10

新入社員自己紹介!

    8月から中途社員として入社いただいた Oさんの自己紹介です!   最近、女性社員がどんどん増えています・・!     ●何年目?   今日で2日目です(笑)       ●出身   熊本       ●こんな学生時代でした   中学高校と吹奏楽部で休日もひたすら学校行って練習してました! 勉強よりもとにかく部活!部活!部活! 信頼できる顧問と仲間がいたからここまでやれたんだと思ってます。       ●趣味・特技   お酒を嗜むこと なわとび、散歩     ●夢、目標   信頼してもらえる人になる それで私が上京してからずっと応援して支え続けてくれた両親に改めて感謝の気持ちを伝える     ●最近1ヶ月で最も嬉しかったこと   スタークスに入社できて同じ価値観や思いの人たちと出会えたこと。 こんなに人のことを考えて幸せにすることを考えて 動いてる人たちが集まってる会社ってなかなかないと思います。 そんな会社に出会えた私は本当にラッキーだって思ってます。       ●意気込み   まだ2日目でわからないことばかりで、何にも皆さんの力になれてないんですけど、、 せっかく出会えた会社と人たちなので 精一杯頑張ってたくさんの人を幸せにできるように頑張ります!!!     ●就活生にひとことメッセージ   ついこの間まで転職活動していたので 就職活動の大変さ、精神的にきちゃう感じとか分かります。。笑 でも逆にいろんな会社を見れる、いろんな人と出会えるチャンスだと思うので そういう気持ちでやると案外楽しくやれるので とにかく自分を見つめて自己分析しっかりやって頑張ってください!!!    

MEMBER | 

delicate-arch-night-stars-landscape

2016.06.21

スタークス社員 自己紹介!

    16新卒のWくんの自己紹介です! このブログを見ている人と1番年が近いと思うので ぜひ読んでみてください^^       ==     ●何年目? 今月で3ヶ月目です!     ●出身 千葉県です     ●こんな学生時代でした 【高校】 高校は日本一のオタク高校でした。 男女比は9:1。 教室の壁には二次元の女の子の画像が 張り巡らされている。 朝登校するとデュエリストが教卓を囲み、 一日の授業が終わるとまたデュエリストが教卓を囲むそんな高校生活でした。     【大学】 夜間の大学1年間と、山梨の大学4年間通ってました。 学生の頃はカフェを運営してました。 そのカフェの上でシェアハウスして生活してたのでそれは楽しい毎日でした。 ワインの問屋のおじさんを口説いて、 毎日のようにワインをシェアハウスに届けてもらい毎晩飲んでました。 ただ、お酒はとても弱いです。     ●趣味・特技 走ること       ●夢、目標 目標はいち早く独り立ちすること。 夢はもっと消費者に優しい世界を作ること。     ●最近1ヶ月で最も嬉しかったこと 最近1ヶ月ではないんですが、スタークスの入社式は 心が震えました。     ●スタークスってこんな会社 努力量がすごい!一人ひとりが目的意識を持って行動している会社       ●就活生にひとことメッセージ 僕は偶然の出会いからスタークスを知りました。 偶然と出会うためには数だと思います。 出来る限り、いろんな会社を見て下さい!           =======================   Wくんが心震えたという入社式では、 家族からの手紙が送られたのです。 もう3ヶ月も前なんですね・・     これからも一緒に成長していきましょう!        

MEMBER | 

pexels-photo-67475

2016.06.21

「いい仕事が待つ未来」

スタークス初のシステムディレクター、 16新卒のKさんのスピーチ内容です。 とってもいい内容です!ぜひ読んでみてください。     ==       今日は「男はつらいよ」×「時をかける少女」の映画を見ていて感じた、 仕事に通じる2つのことを話したいと思います。     ・いい仕事の話。   「出してくれ~、早く出してくれ~と・・・土が泣いてるんや(涙)」 これは私の好きな「男はつらいよ」シリーズの作中でのワンシーンです。     主人公の寅さんが、人間国宝の先生とふとしたきっかけで知り合い、 お酒を交わすうちに、饒舌な寅さんに乗せられた先生が思わず語った言葉です。     一流の陶芸家ともなれば、土に向かうだけで声が聞こえてくるそうです。     その土があるべき形を知っていて、陶芸家はその声を聞いて、形にするのが仕事だと。 それこそがいい仕事だと、その先生は涙ながらに語ります。   自分の仕事に正面から向き合い、本当の価値に目を凝らせば その奥底にある「本当の形」が見えてくる。     あるべき形というのは存在していて、それをいかに見つけ出すか。     本当の形に出会った時。それが「仕事をすること」だと。       いやーホンマえ~話ですねん!!     さて、掘り起こすではないですが、 そんないい仕事はビジネスの世界ではどこにいるのでしょうか?   ・時間を追いかける話。 「うん、すぐ行く。走っていく。」(はい、時かけです。)     そうですね、いい仕事は未来で待ってるんです。     やる事や締め切りが山のようにあり、それに追われながら仕事をしていては、 当の本人もこなされてしまう仕事の方も、幸せとは言えないでしょう。     追われるのではなく、「時間を追いかける」ような感覚で 未来で待っている「いい仕事」に向かってひたすら走っていく。     そんな感覚で仕事ができたら、ベストなんじゃないかなと思うわけです。     社会にとって価値のある、未だ形になっていない「サービス」は 今か今かと、この世に生まれる瞬間を待っています。       自らの手によってそれを形にすべく、真の価値の待つ未来に向かって進んでいく。 走って行ったら、未来も早く来る気がしませんか?     最近仕事をしていて感じた話を、無理やり好きな映画になぞらえてみました。(笑)     私がやらなければ、生まれないサービスがあるのです。 真心を込めて、今日も真っ直ぐ突き進んで参ります。           素敵な話でした。 気づいたら仕事に追われているかもしれないけど、 心の持ちようで変わりますね!   新卒で入って6ヶ月、私も気づきをもらいました。  

MEMBER | 

pexels-photo-59197

2016.04.28

「最近、心に残った言葉」

久々の更新です。   4月から2年目に突入したIくんの言葉です!   「最近、心に残った言葉」   最近、自分が尊敬している経営者の方から一つの冊子をいただき、 その中に書いてあった一つの言葉が心に残ったので紹介したいと思います。   その言葉とは、 「偶然は準備のない人を助けない」   というものです。   なぜ心に残ったか? と言うと、   僕自身がこれまでの人生で、 過去に多くの「偶然」に助けられてきたな、と常に感じており、   更にそれらが、言葉の通りなのであるならば、 自分の準備や努力は無駄ではなかったな、 と感じ嬉しくなったためです。   そして、 社会人になり、スタークスで働く上でも、 いくつもの偶然に出会ってきました。   例えば、     ・前代未聞の契約数 チーム単月30社を達成できたこと   ・僕は今の事業部なしでは、今の自分はないと思っているため、 「現事業部にたまたま入った事」(これも一つの偶然)   ・そしてその事業部にて現在新しいチャンスが巡ってきている事     これらは偶然が重なり合って生まれたものだと僕は思っていましたが、 きっと幾つかの準備が自分を助けてくれたのだと思います!   だとするならば、 やはり、準備がとにかく重要であるという事を強く感じると同時に、   今後も常に、 「最大限の準備をしているか?」を自問自答していきたいと思いました。   そして、最大限の準備をして 偶然に助けられ続けたいと思います。   その「準備」こそが、 自分の可能性を最大限大きくしてくれるものだと信じています。  

MEMBER | 

2016.02.08

4期下期キックオフ

先週金曜日は、内定式を兼ねた4期下期キックオフ会でした。 最初に各部長による4期下期の戦略発表と決意表明でした。 非常にワクワクする内容で、半年後が楽しみです。   o0480048013561448045 o0480048013561448057 その後は内定式です。 4月入社の内定者の2名↓   o0480064013561448027   入社おめでとう。 そして、入社を決意してくれて本当にありがとう。入社して良かったと思える未来を絶対に創ろう! 内定式の後は、表彰•昇格者の発表でした。 o0480064013561451038 MVP受賞、そしてマネージャーへ昇格したT おめでとう!これからも頼りにしています。   o0480034413561448061   メンバーからリーダーへ昇格したYさん おめでとう!今後の更なる成長に期待しています。   o0480036013561448037 新人賞を受賞したI君 「新人賞ではなく、MVPだと思っていました」と 相変わらずのビックマウスでしたが(笑)それはそれで頼もしいです。 ぜひ次は本当にMVPを獲って欲しいです。 表彰•昇格者発表後の歓談タイムで、 今回、表彰•昇格されなかったメンバーが、仲間を賞賛しながらも、悔しい顔をしているのが印象でした。 昔、僕もその経験を何度もした事があるので、その気持ちがよく分かります。 マイナスのエネルギーが強くなった時は、 プラスのエネルギーも強くなっているので、 大切なのは、極性のエネルギーを反転させる事だと思います。 今回悔しい思いをしたメンバーは、 その感情をプラスのエネルギーに反転させ 次は表彰の場に立って欲しいと思います。 最後の集合写真↓   o0480036013561448066   メンバーも10名を超えました。 下期も更に成長を目指して突き進んでいきます。

CEO | 仕事

2016.01.18

内圧の高さ

かなり(?)遅くなりましたが、 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。 友人経営者から貰った年賀状に共感する言葉があったので、 一部引用して、思った事を書きたいと思います。   学生が社会人になって減っていくものがある。 それは『内圧の高さ』です。   自分に感じている可能性、情熱、ぶつけようのない感情、 何とも言えない怒りの事です。   多くの人は、社会人になると経験を積んで現実的になっていく一方で 持っていた『内圧の高さ』を無くしてしまう。空気が抜けてしまう。   社会人になると忙しいし、色々なもの優先順位をつけたり トレードオフする必要が出てくる。   だから、色々な事に折り合いつけて現実的になっていく必要もある。 でも、情熱や感情までトレードオフをする必要はない。 『現実的な思考力』と『内圧の高さ』両方を持ち続けて欲しい。 現実的に成長しながらも『内圧の高さ』を持ち続けられるか? 人だけでなく、企業も一緒だと思います。   設立から年数が経つと、人が増えたり、社会的な責任を増えて 現実的になり『内圧の高さ』も無くなっていくと思います。   しかし、ソフトバンク、楽天、Google、Appleのようなベンチャーは、 現実的な大企業になりがらも、 高い内圧の高さ(ベンチャースピリット)を持ち成長し続けています。   当社も、10、30年と経って 大企業となっても『内圧の高さ』を失わずに いつまでも可能性を感じ続けられるような企業でありたいと思います。   皆さん 今年もご支援、ご声援のほど、何卒よろしくお願いします!

CEO | 経営

MORE

TOPに戻る